年末調整と源泉徴収についてわかりやすく解説

Uncategorized

この時期になってくると決まって必要になってくる手続きがあります。

そうです年末調整です。アルバイトの方も書いたことがあるでしょう。

年末調整とはなんなのかまたやり方について書いてあるおすすめの本を紹介して行きたいと思います。

 

年末調整とは何か

そもそも年末調整とはなんでしょうか。手続きのやり方などを説明している本の紹介はそのあとご紹介したいと思います。

毎月の給与ボーナスから徴収される源泉所得税の1年間の合計額と、年収に対する年税額不一致を清算する手続き。年末調整は雇用主が行い、給与所得者だけに適用される。年末調整を受けた人は、確定申告や追加税額の納付手続きが不要になる。

出典:ASCII.jpデジタル用語辞典

となっています。

これをもっと簡単にわかりやすく説明すると、1年間の所得と所得税を決定するために行う手続きのことです。

 

確定申告と年末調整違い

みなさん確定申告というのも聞いたことがあると思います。これはいわゆる年末調整と同じ内容を行う手続きです。

問題なのは誰が手続きするのかというところです。年末調整というのな会社に書類を提出する必要はありますが、細かい計算などは会社がやってくれています。

ですが確定申告というのは、計算まで全て自分で行わなければいけません。

簡単にいうと会社にやってもらうのが年末調整で、自分でやらなければいけないのが確定申告ということになります。

年末調整のやり方をわかりやすく解説しているおすすめの本

この本は法改正なども絡んでくる事もあり、毎年同じレイアウトで更新され続けており毎年人気の高いシリーズとなっています。

またこの本は源泉徴収についても書かれており、より親切な本となっています。

無駄なことは一切書いておらず、簡潔に全て書かれているので、この本一冊で済みます。

さてそして、新しく出てきた源泉徴収という言葉ですが、これもみなさん聞いたことがあるのではないでしょうか。

聞いたことはあっても、実際どういうものか知らない方も多いと思うので、簡単に説明したいと思います。

源泉徴収とは何か

日本の所得税(個人のもうけに対する国の税金)は、個人が自分のもうけを集計し、税金を計算して納税する「申告納税方式」が採用されています。

そこで、給与や報酬などの法律で定められた支払いを行う者が、その支払いを行う際に関係する税金(所得税)を差し引いて、個人に代わって定期的に国に納付する制度が導入されました。この制度を「源泉徴収」と言います。

出典:https://keiei.freee.co.jp/2015/05/21/gensen_tyousyu/

簡単に説明すると源泉徴収とは、個人に代わり、給与や報酬の支払いを行う者が税金を差し引いて納税する制度のことです。 

源泉徴収についてもある程度わかっていただけたかと思います。

さてここで、年末調整と源泉徴収について共に所得税という単語が出てきました。

ここで混乱をする方もいると思うので最後に年末調整と源泉徴収の違いについてわかりやすく解説したいと思います。

 

年末調整と源泉徴収の違い

まずはどちらにも出てくる所得税ですがこれは給与をもらっている方の額に応じて納めなければいけない額というのは変わってきます。

そして納付するための金額は1年間働き終わった後にしか正確な答えは出せないのです。

ですが1年間働き終わった後に一気に税金を引かれると国民は大変ダメージがあります。

なので源泉徴収という制度で毎月ある程度引かれて行きます。ですがこれはあくまで概算に過ぎないので年末に調整を行うのです。これが年末調整と呼ばれるものです。

この年に納めた税金が払いすぎの場合は還付され、不足していた場合は徴収されるといったことになります。

まとめ

これでみなさんに何と無くイメージは伝わったと思います。

お金に関わることだけどなんのことかさっぱりわからない方にも少しは理解していただけたと思います。

これでも申請の仕方など本当に詳しいやり方などはわからないと思うので、先ほどご紹介した本を読んでみると完璧にやり方までわかります。

お金のことはめんどくさく、複雑ですが、一つ一つ覚えて行きましょう。

 

今回は年末調整と源泉徴収について簡単にまとめて見ました。

 

 

 

 

 

コメント