伊勢神宮の初詣2019の元日や参拝の方法!混雑や待ち時間は

Uncategorized

こんにちは。

今回は伊勢神宮の2019年の初詣における混雑時間帯や待ち時間、人数などを調べ、少しでも快適に初詣が出来るよう、調べたいと思います。

初詣は1年の中でとても混雑する行事の1つです。混雑度で行くと1番混雑する行事ではないかと思います。というのも基本的にはお仕事が休みになるからです。

お正月というのは親戚も集まったり、家族で初詣に出かけたり、はたまた寝正月と言った言葉がある通り、ゆっくり過ごされたりと、それぞれ色々な楽しみ方があっていいですよね。

しかし一方で初詣はとても混雑し、貴重なお正月の時間を潰してしまいます。その為、行く時はある程度混雑状況を確認してから行くことをおすすめします。

 

今回リサーチして行く伊勢神宮はとても人気で初詣に混雑を回避する事はまず出来ません。

ですが、調べてみると狙い目の時間があったりするの探って行きたいと思います。

 

伊勢神宮の初詣

伊勢神宮の所在地 〒516-0023 三重県伊勢市宇治館町1

伊勢神宮へのアクセスはJRのみで行い東京駅発で考えると名古屋駅から宇治山田駅まで行きます。名古屋駅から宇治山田駅までは約1時間20分位かかります。

宇治山田駅から徒歩で10分で外宮に着きます。

伊勢神宮の参拝の方法

伊勢神宮には正式な参拝の仕方というものがあります。守らなかったからと言って何かあるわけではないですが、正式な参拝方法がある以上はある程度は守って参拝しましょう。

・これだけは守っておきたい参拝方法のポイント

 伊勢神宮では「外宮先祭(げくうせんさい)」と言う習わしがあり、祭事の多くは外宮から先に執り行われる事がほとんどです。

これに倣い、参拝においても外宮を先に参拝してから、内宮をお参りすべきであるとされています。

これは天照大御神自身が「祭りの際は豊受の神から先に詣でなさい」と言ったことに端を発するものでもあります。

引用:https://xn—-626ay6jjqau34am2fhxopn9a.jinja-tera-gosyuin-meguri.com/

また外宮または内宮だけをお参りするのは片参りと呼ばれ縁起が良くなく避けた方が良いと言われています。

 

伊勢神宮には外宮と内宮があるのはお伝えしましたが、それぞれに正宮と別宮というのもあります。

そもその話、伊勢神宮とは、正宮・別宮・摂社・末社・所管社の125宮社にもなる総称で、伊勢・志摩・松阪・鳥羽・度会・多気に点在して鎮座しています。これら全て行って見たいものですが、それは時間的にもかなり難しいです。

ですので正宮だけお参りするのが混雑する初詣には良いかと思います。

 

伊勢神宮の外宮、内宮の参拝の混雑や待ち時間

外宮、内宮をお参りするということで、それにかかる所要時間をまとめました。

外宮だけ参拝するなら「20分」内宮と外宮の正宮を参拝するなら「40分程度」(移動時間を含めると約1時間)

引用:https://xn—-626ay6jjqau34am2fhxopn9a.jinja-tera-gosyuin-meguri.com/

人気の伊勢神宮なので初詣のお正月期間中はこれよりももっと、時間がかかる見通しとなっているので注意が必要です。

初詣期間中の過去3年間の(2015年から)初詣期間中(12月31日から1月3日)の参拝人数をまとめました。

・2015年 41万7969人(内宮26万7325人、外宮15万644人)

・2016年 48万4022人(内宮26万7325人、外宮15万0644万人)

・2017年 49万438人(内宮32万7244人、外宮16万3194人)

引用:https://xn—-626ay6jjqau34am2fhxopn9a.jinja-tera-gosyuin-meguri.com/

年間に1000万人近く参拝客が訪れる伊勢神宮ですが初詣の4日間でこれだけの人数が参拝するとなると1日通して大変混雑すると言えます。参拝するまでの待ち時間もいつもの混雑日よりも長いと言うことを覚悟する必要がありそうです。

・初詣の待ち時間の回避方法

伊勢神宮の待ち時間はやはり相当なものとわかりましたが、混雑すると言っても、時間帯によってはそれほど混雑せずに待ち時間もそれほどかからずに参拝出来ます。

それではいつの時間帯ならば、混雑しないか調べて見ました。

まずは伊勢神宮の参拝時間について見てみましょう。

参拝時間(内宮・外宮・別宮)

  • 10月・11月・12月 午前5時~午後5時
  • 1月・2月・3月・4月・9月 午前5時~午後6時
  • 5月・6月・7月・8月 午前5時~午後7時

 

引用:http://www.isejingu.or.jp/index.html

1月を見てみると、午前5時〜午後6時となっています。朝は早く夕方は早めにと言ったイメージでしょうか。

この中で混む時間というのは、大体朝の7時〜11時となっています。ここまでがピークとなり、あとは徐々に空いてくるイメージですが、空くと言っても初詣の伊勢神宮なので過度な期待はしない方が良いです。

さて注目なのは何時が一番空くのかということです。これは早朝です。夕方の閉門間近もある程度は空いているのですが、それよりも早朝5時〜6時くらいが一番のおすすめです。5時や6時はやはり朝早いので一番空いているというのもありますが、何よりこの季節でこの時間帯はとても寒いです。ですので参拝までの待ち時間を早く済ませたいのならば早朝に行くのが良いでしょう。

まとめ

伊勢神宮の初詣の参拝までのコツは色々ありますが、まずは大変混雑するのでそれを回避するように全力をあげた方が良いです。こう言った時期は時間はあっという間になくなっていきます。

そして注意点としてはアクセスですが電車をお勧めします。電車もこの時期混むのですが、車だともっと規制や混雑でとてもではないですが、しんどいと思います。

この時期を考えると、是非電車を活用してください。

以上、伊勢神宮における初詣の情報でした。

最後まで見ていただき、ありがとうございました。

コメント